大分大学 工学部 機械・エネルギーシステム工学科 エネルギーコース
材料強度学研究室
◆研究内容
 本研究室では,機械・構造物の強度設計に使用される,金属材料の機械的性質および疲労強度特性について研究しています.現在,特に下記のことについて調べています.

<水素環境中での金属材料の強度評価>
 近年,地球温暖化問題および化石燃料枯渇問題を解決するために,クリーンな次世代のエネルギーの開発が行われています.水素は水から作り出すことができ,エネルギーを取り出しても水しか生成しないので,クリーンな次世代エネルギーの1つとして注目されています.現在,水素を利用する水素利用機械として燃料電池自動車や家庭用定置型燃料電池システムなどの開発が行われています.
 しかしながら,水素は金属材料中に侵入して材料の強度を低下させます.この現象を水素脆化といいます.水素利用機械を長期間・安全に使用するためには,水素環境中での金属材料の強度を調べる必要があります.
 本研究室では,水素環境中での引張特性や疲労き裂進展特性について調べています.
Copyright © All rights reserved.