業 績


2017年

● Fukunaga M, Morimoto K, Kajiwara T, Ito K, Nagamine R: A 3D model analysis of patellofemoral joint: effect of anterior translation and internal rotation of tibia , Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 12, No. 4, p.17-00247, 2017.J-STAGE

● 福永道彦,高山正伸:装着型脛骨前方変位量測定器の開発,JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌), Vol. 42, No. 3, pp.578-583, 2017.


2016年

● Fukunaga M, Ayaka F, Morimoto K, Ito K: Estimation of thigh-calf contact force during deep knee flexion, using both anthropometric and motion measurements, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 11, No. 4, p.16-00253, 2016.J-STAGE

● 阿部千穂子,高山正伸,福永道彦,占部貴紀,二木亮,小佐野圭,田中公一朗: 運動前後における前十字靱帯用装具の脛骨前方制動効果, JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌), Vol. 41, No. 1, pp.96-97, 2016.


2015年

● Fukunaga M, Morimoto K: Calculation of the knee joint force at deep squatting and kneeling, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 10, No. 4, p.15-00452, 2015.J-STAGE

● 廣川俊二,村上輝夫,木口量夫,福永道彦:生理的・能動的膝運動が可能な新型シミュレータの開発,日本機械学会論文集,Vol.81, No. 824, p.14-00488, 2015.J-STAGE 日本機械学会賞


2014年

● 福永道彦,廣川俊二:和式生活特有の座位動作中の股関節・膝関節角度の測定,臨床バイオメカニクス,Vol.35, pp.271-276, 2014.

● 廣川俊二,村上輝夫,木口量夫,福永道彦:in vivo実験を代行する人工膝関節シミュレータの開発,臨床バイオメカニクス,Vol.35, pp.181-186, 2014.

● 堀田源治,西村大志,福永道彦,大渕慶史,坂本英俊:作業時の意思決定に期待効用が及ぼす影響,日本設計工学会誌,Vol. 49, No.11, pp.603-608, 2014.

● 廣川俊二,福永道彦:in vivo実験を代行する人工膝関節シミュレータの開発,臨床バイオメカニクス,Vol.35, pp.181-186, 2014.

● 廣川俊二,福永道彦:座位動作中の下肢関節キネマティクスの測定,バイオメカニズム,Vol.22, pp.15-26, 2014.

● 野田尚昭,堀田源治,佐野義一,高瀬康,福永道彦:職場における安全工学,朝倉書店,2014.


2013年

● 福永道彦,高口健司,廣川俊二:膝深屈曲時の大腿下腿接触力が膝関節力に与える影響,日本機械学会論文集C編,Vol.79, No.806, pp.3748-3755, 2013.J-STAGE

● Fukunaga, M., Koguchi, K., Hirokawa, S.: Estimation of the Knee Joint Force during Deep Knee Flexion, International Journal of Fracutre Fatigue and Wear, Vol.1, pp.101-104, 2013.

● 堀田源治,福永道彦,明石剛二,他4名:意思決定論を援用した非定常作業におけるリスク解析,日本設計工学会誌,Vol.48, No.6, pp.42-47, 2013.

● Hirokawa, S., Fukunaga, M.: Knee Joint Forces When Rising from Kneeling Positions, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.8, No.1, pp.27-39, 2013.J-STAGE


2012年

● 廣川俊二,堀川悦夫,塚本正紹,秋山隆行,馬渡正明,福永道彦:ひざまずきからの立ち上がり動作時の膝関節力の算出,臨床バイオメカニクス,Vol.33, pp.279-285, 2012.

● 廣川俊二,堀川悦夫,塚本正紹,秋山隆行,馬渡正明,福永道彦:入浴時における下肢関節角度の計測,臨床バイオメカニクス,Vol.33, pp.417-422, 2012.

● 福永道彦,釘ア和幸,前田和繁,松門崚:人工関節の屈伸運動に附随した回旋運動の解析,有明工業高等専門学校紀要,Vol.48, pp.55-60, 2012.CiNii

● 堀田源治,坂本英俊,守屋剛,福永道彦,他3名:集団啓発理論に基づく技術者倫理教育,工学教育,Vol.60, No.6, pp/106-110, 2012.J-STAGE

● 福永道彦,廣川俊二:大殿筋とハムストリングスの筋力比が膝関節力に与える影響,日本機械学会論文集C編,Vol.78, No.788, pp.1192-1201, 2012.J-STAGE


2011年

● 福永道彦,廣川俊二:人工膝関節の形状と回旋しやすさの関係について,臨床バイオメカニクス,Vol.32, pp.329-333, 2011.

● Fukunaga, M., Kawanoya, J., Hirokawa, S.: Control of Femoral Rollback of PS Knee Prosthesis through Slip Ratio, Tribology Online, Vol.6, No.1, pp.32-35, 2011.J-STAGE


2010年

● 河野谷仁,福永道彦,廣川俊二,他3名:膝運動シミュレータを用いた高・深屈曲対応型人工膝関節の動態解析,臨床バイオメカニクス,Vol.31, pp.243-247, 2010.

● 廣川俊二,福永道彦,尹涛,河野谷仁:ひざまづきからの立ち上がり動作を対象とした下肢の力学モデル解析,日本機械学会論文集C編, Vol.76, No.770, pp.286-293, 2010.CiNii


〜2009年

● Fukunaga M., Hirokawa S. : The Model Analysis of Lower Limb at Ascending from Deep Knee Flexion, Memoirs of the Faculty of Engineering, Kyushu University, Vol.69, No.4, pp. 139-148, 2009.PDF

● 勝原忠典,福永道彦,大月彩香,他2名:力学モデルによる深屈曲対応型人工膝関節の接触解析,日本機械学会論文集C編,Vol.75, No.756, pp.2286-2294, 2009.CiNii

● Fukunaga M., Katsuhara T., Hirokawa S., Mawatari M., Hotokebuchi T. : A 2D Model Analysis of Artificial Knee Joint during Deep Squatting, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol.4, No.2, pp. 298-305, 2009.J-STAGE

● 福永道彦,勝原忠典,廣川俊二 : 荷重下屈曲動作を対象とした人工膝関節の三次元モデル解析, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.29, pp. 427-431, 2008.

● 勝原忠典,福永道彦,廣川俊二 : 深屈曲対応型人工膝関節CFKの接触解析, 日本臨床バイオメカニクス学会誌, Vol.29, pp. 279-283, 2008.

● Hossain M.A., Fukunaga M., Hirokawa S. : A Kinematic Assessment of Knee Prosthesis from Fluoroscopy Images, Memoirs of the Faculty of Engineering, Kyushu University, Vol.68, No.1, pp. 19-30, 2008.PDF

● Fukunaga M., Katsuhara T., Hirokawa S. : A 3D Model Analysis of Artificial Knee Joint during Passive Deep Flexion, Memoirs of the Faculty of Engineering, Kyushu University, Vol.68, No.1, pp. 11-18, 2008. PDF




競争的資金

● 2016-2018 膝深屈曲動作の動力学に関する基礎研究, 科学研究費 若手研究(B)KAKEN 

● 2016    作業動作を測定するウェアラブルセンサシステムの開発, JST研究成果展開事業 企業ニーズ解決試験

● 2012-2013 圧力分布測定装置を援用した膝関節力の算出, 科学研究費 若手研究(B)KAKEN 




その他の寄稿など

● 福永道彦 : 設計工学(福永)研究室, シリーズ研究室紹介,設計工学, Vol.51, No.4, p.228, 2016.